Goodlife~美しく健康な毎日を

ココロとカラダに良いことたくさん紹介

主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所「糖化」の予防で10歳若返る方法!11/16

投稿日:

 

主治医が見つかる診療所「糖化」の予防で10歳若返る方法!11/16

主治医が見つかる診療所 実年齢より10歳若く見られるようになるための情報2時間スペシャル!
最近、肌にシミやシワが増えた…そのカギを握るのが「糖化」

糖化を防ぎ、いつまでも若々しくいるためのポイントを徹底紹介していました。
体の老化や様々な病気の原因につながる「体の焦げ=糖化」を防ぎ、いつまでも若々しくいるためには?

主治医が見つかる診療所「糖化」の予防で10歳若返る方法!11/16

主治医が見つかる診療所 体の糖化を防げば10歳若く見える! ですってよ! パンや麺、お菓子などは血糖値を上げるから、要注意ですね。

老化の元凶は【AGEs】(終末糖化産物)と呼ばれる身体の焦げです。

血糖値が高い状態が続くと体が糖化して、血管の老化、動脈硬化などの要因になります。

供給するエネルギー配分を変えることが若さを保つ。「糖化」を抑えるならタンパク質の比率を上げる。ハリの無い皮膚、黒ずんだ皮膚、シワだらけの皮膚、糖化のいたずらは沢山あります。

ランチにパスタ食べておやつにスイーツ、飲み物はカフェラテ、なんて食生活の女性がどんな高い化粧品使ってもお肌の糖化は防げません。

私は2年前に『糖化』を知ってケアしてるけど、反応を見るとまだまだ知らない人が多いんだな…動脈硬化や骨粗しょう症など健康に注目を向けられがちだけど、AGEによるシミもヤバイんです!

酸化ストレスには人間強いけど、糖化ストレスにはよわい。糖化が内臓に出たら癌になるし皮膚に出たら見た目が老けて見えるからなあ。アンチエイジングの鍵はやっぱ糖質選択に限る。

アンチエイジングで大切なのが、GI値の低い食べ物を中心に食べることです。注意したいのが小麦製品です。GI値が高いだけでなく、小麦を使った製品で特に揚げ物はGI値が高く糖化まっしぐらな食品です。食べる時はGI値の低いものと組み合わせて食べましょう。

紅茶、緑茶はAGE生成を阻害し、糖化ストレスを軽減する効果があるようです。

 

主治医が見つかる診療所「糖化」の予防で10歳若返る方法!11/16

糖化を防ぐポイント

①身体の中でAGEを作らない
睡眠不足、運動不足、ストレスなど解消。

②AGEの多いものを食べない
スイーツ・ケーキ・揚げ物などを控え、糖化防止力の高い青魚(DHA・)
アマニ油エゴマ油オメガ3系の油。大葉、ミョウガ、生姜、ネギなどの薬味。
ナッツ類、特にアーモンド。

また同じものでも食べ方で糖化を予防できる!

・うどん+生卵2
単品だと糖化が進むので、たんぱく質や脂質で糖質ブロック

・唐揚げ+ご飯+サラダ
食べる順をサラダから先に。ご飯を後で食べる。

・野菜ジュースは吸収が早いので食後に。

まとめ食い、ドカ食いは血糖値を急激に上げるのでよくない。

空腹時の飲酒も血糖値を急速に上げるのでよくない。

・揚げ物を糖化しにくい状態にするにはパセリとレモンをきざんで食べる。

・スーパー食材「ブロッコリースプラウト」を噛んで口内でスルフォラファンをつくる。

だいこんおろし+ブロッコリーでスルフォラファンを口内生成

糖化を防ぐには血糖値の急上昇を防ぐことが必要です。食事の時に野菜→肉や魚の蛋白質→ご飯やパンの炭水化物の順番にゆっくり食べるだけでも大きく違います。野菜など食物繊維が多いものを積極的に摂取し紫外線対策も忘れずにしましょう!!

でも仕事終わりの空腹のビールおいしいんですよね~
ストレスをためない程度に「糖化予防」してアンチエイジングしていきたいと思います。

-主治医が見つかる診療所

執筆者:

関連記事

主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所やせ菌を増やす食材は?11/2

主治医が見つかる診療所やせ菌を増やす食材は?11/2 誰もが持ってるやせる腸内細菌の正体とは? やせる腸内細菌とは💓 「主治医が見つかる診療所」 放送局:テレビ東京 2017年11月2 …